テレビボードを活用!部屋の雰囲気づくりにも重要な位置

様々なラインナップ

ベッド

日本の風土にマッチ

フランスベッドという名前から輸入品のベッドやマットレスかと思う人もいますが、日本国内でベッドの販売台数がNo.1の国内メーカーなのです。フランスベッドは1965年からベッドの製造をはじめていて、またたくまにシェアNo.1になったため、当時の日本のマットレスは堅めのものが好まれていたことからフランスベッドのマットレスは堅いというイメージがついていました。しかし、今のフランスベッドのマットレスはタイプや好みに応じて柔らかさが選べるものを用意しています。フランスベッドのマットレスは、硬さだけでなく、寝る人の体調や趣向に合わせたラインナップも準備しています。汗かきの人に合わせて通気性の高いものを用意していたり、腰痛を持っている人に向けては堅めの低反発クッションを使ったものに人気が集まっています。様々なタイプのマットレスを販売しているフランスベッドですが、日本のメーカーで日本で製造しているだけあって、日本の風土に最もマッチしたマットレスを作っているということができます。輸入マットレスの方が高級でよいと決めつけている人がいますが、ヨーロッパの湿度が低い環境と違い、日本は高温多湿になるため、ヨーロッパでいくら評判のよいマットレスであっても日本には向いていると決して言うことができません。吸湿力が優れていながら、速やかに発散する機能を有しているフランスベッドのマットレスは快適で深い眠りが得られると人気です。